(Image):setMipmapFilter (日本語)

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。
LÖVE 11.0 から廃止
Texture:setMipmapFilter へ変更されました。

Image に対して mipmap フィルタの方式を設定します。

ミップマップ (Mipmap) は縮尺での描画時に有用です。これにより性能およびエイリアシングの問題を改善できます。

0.10.0 以降では、Image は mipmap フィルタで任意のエフェクトを扱えるようにするために mipmaps フラグを有効にした状態で作成する必要があります。

O.png version 0.10.0 以前では、特定のグラフィックス・ドライバにおけるバグを回避するために love.graphics.newImage により画像を作成した後に、このメソッドを直積的に呼び出すことは最良です。  

O.png version 0.10.0 以前では、ハードウェアの制限およびドライバの不具合により、 CompressedData により読み込まれなかった画像でmipmap を使用するためには二の累乗の寸法 (64x64, 512x256, など) にしなけれなりません。  

関数

概要

Image:setMipmapFilter( filtermode, sharpness )

引数

FilterMode filtermode
mipmap レベルとの間で使用されるフィルタ方式。 "nearest" であれば大抵はより良い性能になります。
number sharpness (0)
性能を犠牲にして描画を行う場合に、正数による鮮鋭度の値としてより詳細な mipmap レベルを画像に使用します。負数値では反転を行います。

返値

ありません。

注釈

モバイル機器 (Andoroid および iOS) では引数 sharpness (鮮明度) には対応しておらず何も処理を行いません。代わりにカスタム Shader を使用することができ、さらにシェーダーの Texel 関数に対して第三引数へ任意の mipmap 鮮明度を指定します (Image で負数を使用することで、より詳細な mimap レベルになります)。

version 0.10.0 以前では、 Image に対して mipmap が存在しない場合は自動的に本関数を呼び出して作成します。画像が圧縮済みおよび CompressedData に mipmap データがある場合は、そのデータを使用します。

関数

mipmap フィルタを無効にします。

概要

Image:setMipmapFilter( )

引数

なし。

返値

ありません。

関連




そのほかの言語