SpriteBatch:bind (日本語)

LÖVE 0.8.0 から使用可能
SpriteBatch:lock から名称変更。
LÖVE 0.9.2 で廃止予定
このバージョンから自動的に処理を行います。
LÖVE 0.10.0 から廃止
絶対に必要な場合は SpriteBatch:flush を使用してください。


より効率的な更新を行うためにメモリへ SpriteBatch を束ねます。

内容の更新前に SpriteBatch を束ねることで独立しているグラフィックス・カードによる更新を毎回要求しないため性能を改善することができます。SpriteBatch は解くのを忘れないようにしなければ、更新時に表示されません。

関数

概要

SpriteBatch:bind( )

引数

なし。

返値

ありません。

用例

束ねてから SpriteBatch の更新します。

function update_spritebatch(spritebatch)
	spritebatch:bind()
 
	for i = 1, 100 do
		add_tile(spritebatch)
	end
 
	spritebatch:unbind()
end

関連




そのほかの言語