SpriteBatch (日本語)

一枚の画像を用いて、 love.graphics.draw() の呼び出しを一回使用することにより任意数の同一内容の複製を描画します。これは、例えば、高性能で一枚の背景画像の複製を繰り返して描画するために使用できます。

画像としてテクスチャ・アトラス (一枚の画像ファイルに独立した複数の画像が存在する地図や図表のようなもの) である場合は SpriteBatch はより有用になります。 Quad をバッチへ追加することにより、アトラスから様々な副-画像を描画できます。

コンストラクタ

love.graphics.newSpriteBatch (日本語) SpriteBatch オブジェクトの新規作成。

関数

Object:type (日本語) オブジェクトの種類を文字列形式で取得します。
Object:typeOf (日本語) オブジェクトが特定の種類かどうか確認します。
SpriteBatch:add (日本語) スプライトをバッチへ追加します。
SpriteBatch:addq (日本語) Quad をバッチへ追加します。 Removed in 0.9.0
SpriteBatch:attachAttribute (日本語) 描画時に使用するために、この SpriteBatch に Mesh から頂点ごとの属性を付加します。 Added since 0.10.0
SpriteBatch:bind (日本語) より効率的な更新を行うためにメモリへ SpriteBatch を束ねます。 Added since 0.8.0 Removed in 0.10.0
SpriteBatch:clear (日本語) バッファからスプライトを全て削除します。
SpriteBatch:flush (日本語) バッチ内にある新規変更されたデータを直接的にグラフィックス・カードへ全て送信します。 Added since 0.9.2
SpriteBatch:getBufferSize (日本語) SpriteBatch が保持できる最大スプライト数を取得します。 Added since 0.9.0
SpriteBatch:getColor (日本語) 次回の add および set の操作で使用する色を取得します。 Added since 0.9.0
SpriteBatch:getCount (日本語) SpriteBatch にある現在のスプライトの本数を取得します。 Added since 0.9.0
SpriteBatch:getImage (日本語) SpriteBatch で使用されている画像を返します。 Added since 0.8.0 Removed in 0.10.0
SpriteBatch:getTexture (日本語) SpriteBatch にて使用されているテクスチャ (Image または Canvas) を取得します。 Added since 0.9.1
SpriteBatch:set (日本語) バッチにあるスプライトを変更します。 Added since 0.8.0
SpriteBatch:setBufferSize (日本語) SpriteBatch が保持できる最大スプライト数を設定します。 Added since 0.9.0
SpriteBatch:setColor (日本語) 次回の add および set の操作で使用する色を設定します。 Added since 0.8.0
SpriteBatch:setImage (日本語) スプライトで使用されている画像を置き換えます。 Added since 0.7.2 Removed in 0.10.0
SpriteBatch:setTexture (日本語) 描画時に、バッチにあるスプライトで使用されるテクスチャ (Image または Canvas) を設定します。 Added since 0.9.1
SpriteBatch:setq (日本語) バッチにある Quad を変更します。 Added since 0.8.0 Removed in 0.9.0
SpriteBatch:unbind (日本語) SpriteBatch を解きます。 Added since 0.8.0 Removed in 0.10.0

列挙型

SpriteBatchUsage (日本語) SpriteBatchMesh に対する使用方法の手がかりです。 Added since 0.8.0

上位型

関連


そのほかの言語