love.window.getFullscreenModes (日本語)

LÖVE 0.9.0 から使用可能
love.graphics.getModes へ移行。


対応しているフルスクリーンモードの一覧を取得します。

関数

概要

modes = love.window.getFullscreenModes( display )

引数

number display (1)
マルチモニターが利用可能ならば、ディスプレイの番号を指定します。

返値

table modes
幅と高さを組み合わせから成るテーブル (これの順序は未整列である場合があることに注意してください)。

用例

返されたテーブル(表)を整形します

modes = love.window.getFullscreenModes()
 
-- modes = {
-- 	{ width = 320, height = 240 },
-- 	{ width = 640, height = 480 },
-- 	{ width = 800, height = 600 },
-- 	{ width = 1024, height = 768 },
-- 	...
-- }

テーブルが確実に順番に整列される。

modes = love.window.getFullscreenModes()
table.sort(modes, function(a, b) return a.width*a.height < b.width*b.height end)   -- 小さいほうから大きい方へ整列します。

関連



そのほかの言語