love.graphics.getTextureTypes (日本語)

LÖVE 11.0 から使用可能
この列挙型は以前のバージョンでは非対応です。

利用可能なテクスチャの種類における対応状況の有無を個別に取得します。

関数

概要

texturetypes = love.graphics.getTextureTypes( )

引数

なし。

返値

table texturetypes
TextureType をキーとしたテーブルであり、対応状況はブール値で表しています。すべてのシステムですべてのテクスチャ形式が利用できるとは限りません。

用例

テクスチャの種類の対応状況を画面に表示します

textypes = love.graphics.getTextureTypes()
 
function love.draw()
    local y = 0
    for name, supported in pairs(textypes) do
        local str = string.format("Supports texture type '%s': %s", name, tostring(supported))
        love.graphics.print(str, 10, y)
        y = y + 20
    end
end

関連



そのほかの言語