love.graphics.getDepthMode (日本語)

LÖVE 11.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

現在の深度テスト方式と深度バッファへの書き込み可能の有無を取得します。

これはカスタム頂点シェーダとカスタム頂点属性を有する Mesh で用いるために設計された低水準関数です。図形、線描、画像など高水準 API の 2D グラフィックス深度を設定するためには提供されていません。

O.png depth フィールドに true を設定したテーブルを love.graphics.setCanvas へ渡すか、またはカスタム Canvas として depthstencil フィールドに深度 PixelFormat を設定したテーブルを love.graphics.setCanvas へ渡すまでは深度テストと深度書き込みは効果がありません。  

O.png 一般に深度バッファへの書き込みは透過混合スプライトと画像レンダリングとの互換性がありません。デフォルトではテクスチャの透過値ではなくジオメトリ(頂点群)によって深度が決定されるため、深度バッファには各ピクセルの深度値の格納、および透過混合では正確な混合による背面から前面のレンダリングが必要です。  

関数

概要

comparemode, write = love.graphics.getDepthMode( )

引数

なし。

返値

CompareMode comparemode
深度テストで用いる深度比較方式。
boolean write
レンダリング時に深度バッファの値を書き込んで更新、または値を書き込むかどうか。

関連



そのほかの言語