uLove Compliance conf.lua (日本語)

O.png このページは、もはや Löve とは関連性がありません。  

はじめに

このconf.lua ファイルは uLove 規格として提唱された最小準拠構成の試験に対して使用することができます。

これは決してあなたのコードの完全な練習台ではなく、さらにあなたのコードを準拠していることを確実にするには規格書を参照してください。しかし、この構成はベンチマークで有用であり、これを実行するのであれば、その後はあなたにとって良い一発になります。

uLove 規格準拠の conf.lua

-- conf.lua
-- これを、あなたのゲームにおいて標準の conf.lua の代わりに使用することで一部共通の処理を確認、
-- または恐らく、uLove 対象プラットフォームに対する制限を行います。
--
-- 覚えておいて欲しいのは、これは決して完全な試験にはなりませんが、それは最小 
-- ベンチマークであるということです: これで実行できない場合は、明らかに
-- 問題があります。
function love.conf(t)
    t.title             = "uLove Minimal Compliance Test"
    t.author            = "Textmode (DMB)"
    t.version           = 60
    t.console           = false
 
 
    t.screen.width      = 320
    t.screen.height     = 240
    t.screen.fullscreen = false                     -- これは uLove の対象において恐らく true でしょうが、
                                                    -- この解像度に対して現代的なシステムでは
                                                    -- 事実上対応していません…従って、そうです。
 
    t.screen.vsync      = true                      -- 事実上 uLove プラットフォーム上において
                                                    -- どちらの値でも動作しますが、何らかの理由で FPS の
                                                    -- 低下は発生するため、ほとんどの uLove の対象において 
                                                    -- CPU 周波数は 500MHz 以下であることを忘れないでください。
    t.modules.joystick  = true
    t.modules.audio     = true
    t.modules.keyboard  = true                      -- 実際にゲームパッドがあれば、ゲームで*完全に*使用して 
                                                    -- 遊ぶことができるか確認すべきです。また"業務用"
                                                    -- ゲームパッドにより不正をしないようにしてください。
                                                    -- 私たちは D-パッド, D-pad, A, B, R, L, スタート, 
                                                    -- およびセレクトと対話することができます。また、それは寛大です。
    t.modules.event     = true
    t.modules.image     = true
    t.modules.graphics  = true
    t.modules.timer     = true
    t.modules.mouse     = false                     -- それらよりも、マウス風入力のほうが
                                                    -- 遙かに多くの移植性があります。
    t.modules.sound     = true
    t.modules.physics   = false                     -- あ~、 uLove プラットフォームにて物理演算を実行するには十分
                                                    -- 強力であると考えられるため、それは賢明です ^_^
end