love.graphics.newVideo (日本語)

LÖVE 0.10.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

描画可能な Video を新規作成します。現在のところ Ogg Theora 形式の動画ファイルのみ対応しています。

O.png この関数は love.update または love.draw などから繰り返し呼び出すと動作が重くなることがあります。もし、特定の資源を何度も使う必要がある場合は、一括で作成と格納を行うことで効率的に再利用できます!  


関数

概要

video = love.graphics.newVideo( filename )

引数

string filename
Ogg Theora 形式の動画ファイルへのファイルパス。

返値

Video video
新規 Video オブジェクト。

関数

概要

video = love.graphics.newVideo( videostream )

引数

VideoStream videostream
VideoStream オブジェクト。

返値

Video video
新規 Video オブジェクト。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

video = love.graphics.newVideo( filename, settings )

引数

string filename
Ogg Theora 形式の動画ファイルへのファイルパス。
table settings
テーブルには下記の内容を記述します:
boolean audio (false)
動画の音声を音声 Source から読み込むかどうか。明示的に true または false を指定しなくても、エラーを発生させずに無音動画を読み込みます。
number dpiscale (love.graphics.getDPIScale())
動画の DPI 縮尺係数。

返値

Video video
新規 Video オブジェクト。

関数

LÖVE 0.10.0 まで使用可能でしたが LÖVE 11.0 で廃止されました
この異形は以降のバージョンでは非対応です。

概要

video = love.graphics.newVideo( filename, loadaudio )

引数

string filename
Ogg Theora 形式の動画ファイルへのファイルパス。
boolean loadaudio (nil)
Video の音声へ音声 Source を読み込むべきかどうかを指定します。明示的に true または false に設定されないとき、 Video に音声がない場合であってもエラーは発生しません。

返値

Video video
新規 Video オブジェクト。

関数

LÖVE 0.10.0 まで使用可能でしたが LÖVE 11.0 で廃止されました
この異形は以降のバージョンでは非対応です。

概要

video = love.graphics.newVideo( videostream, loadaudio )

引数

VideoStream videostream
VideoStream オブジェクト。
boolean loadaudio (nil)
Video の音声へ音声 Source を読み込むべきかどうかを指定します。明示的に true または false に設定されないとき、 Video に音声がない場合であってもエラーは発生しません。

返値

Video video
新規 Video オブジェクト。

用例

動画を読み込んで再生します。

function love.load()
    video = love.graphics.newVideo("myvideo.ogv")
    video:play()
end
 
function love.draw()
    love.graphics.draw(video, 0, 0)
end

関連



そのほかの言語