RandomGenerator:getState (日本語)

LÖVE 0.9.1 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

乱数生成器の現在状態を取得します。これは LÖVE の同一メジャーバージョンにおいて、以後に使用する RandomGenerator:setState でのみ有用な不透過文字列を返します。

RandomGenerator:getState は RandomGenerator の現在状態を取得しますが RandomGenerator:getSeed とは動作が異なり、 RandomGenerator:getSeed では以前に設定された種の数値を取得します。

関数

概要

state = RandomGenerator:getState( )

引数

なし。

返値

string state
文字列で表現した RandomGenerator オブジェクトの現在状態。

注釈

状態の文字列値は現在のオペレーティング・システムに依存しません。

用例

rng = love.math.newRandomGenerator(os.time())
 
for i=1, 100 do
    -- なんらかの乱数の数値を使用します。
    rng:random()
end
 
-- RandomGenerator の新規作成および現在状態を第一引数へその状態を設定します。
rng2 = love.math.newRandomGenerator()
rng2:setState(rng:getState())
 
-- 'rng' と 'rng2' の両方はいま同じ結果を与えられています。 
assert(rng:random() == rng2:random())

関連


そのほかの言語