Difference between revisions of "love.window.getMode (日本語)"

(Created page with "{{newin (日本語)|0.9.0|090|type=関数|text=love.graphics.getMode へ移行}} ディスプレイ・モードとウィンドウの...")
 
 
Line 1: Line 1:
{{newin (日本語)|[[0.9.0]]|090|type=関数|text=[[love.graphics.getMode (日本語)|love.graphics.getMode]] へ移行}}
+
{{newin (日本語)|[[0.9.0 (日本語)|0.9.0]]|090|type=関数|text=[[love.graphics.getMode (日本語)|love.graphics.getMode]] へ移行}}
  
 
ディスプレイ・モードとウィンドウのプロパティを取得します。
 
ディスプレイ・モードとウィンドウのプロパティを取得します。
Line 23: Line 23:
 
{{subparam|number|minwidth|サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最小の幅。}}
 
{{subparam|number|minwidth|サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最小の幅。}}
 
{{subparam|number|minheight|サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最大の高さ。}}
 
{{subparam|number|minheight|サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最大の高さ。}}
{{subparam|boolean|highdpi|True ならば [[love.window.getPixelScale (日本語)|high-dpi mode]] は OS X で Retina ディスプレイで許可されています。これは非-Retina ディスプレイでは関係ありません。 [[0.9.1]] から追加。}}
+
{{New feature (日本語)|0.9.1|
{{subparam|number|refreshrate|現在のディスプレイ方式における画面のリフレッシュ・レート(更新比率)です。値を決定できない場合は 0 です。 [[0.9.2]] から追加。}}}
+
{{subparam|boolean|highdpi|True ならば [[love.window.getPixelScale (日本語)|high-dpi mode]] は OS X で Retina ディスプレイで許可されています。これは非 Retina ディスプレイでは関係ありません。}} }}
{{subparam|number|x|現在のディスプレイにおけるウィンドウの x 座標位置。 [[0.9.2]] から追加。}}
+
{{New feature (日本語)|0.9.2|
{{subparam|number|y|現在のディスプレイにおけるウィンドウの y 座標位置。 [[0.9.2]] から追加。}}
+
{{subparam|number|refreshrate|現在のディスプレイ方式における画面のリフレッシュ・レート(更新比率)です。値を決定できない場合は 0 です。}}
{{subparam|boolean|srgb|[[0.10.0]] で廃止 (代わりに [[love.graphics.isGammaCorrect (日本語)|love.graphics.isGammaCorrect]] を使用してください)。True ならば 画面への描画時に sRGB ガンマ補正を適用します。 [[0.9.1]] から追加。}}
+
{{subparam|number|x|現在のディスプレイにおけるウィンドウの x 座標位置。}}
 +
{{subparam|number|y|現在のディスプレイにおけるウィンドウの y 座標位置。}} }}
 +
{{Removed new feature (日本語)|0.9.1|0.10.0|
 +
{{subparam|boolean|srgb|[[0.10.0]] で廃止 (代わりに [[love.graphics.isGammaCorrect (日本語)|love.graphics.isGammaCorrect]] を使用してください)。 True ならば 画面への描画時に sRGB ガンマ補正を適用します。}} }}
  
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
Line 37: Line 40:
 
{{#set:Description=ディスプレイ・モードとウィンドウのプロパティを取得します。}}
 
{{#set:Description=ディスプレイ・モードとウィンドウのプロパティを取得します。}}
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
{{i18n|love.window.getMode}}
+
{{i18n (日本語)|love.window.getMode}}

Latest revision as of 02:02, 17 June 2019

LÖVE 0.9.0 から使用可能
love.graphics.getMode へ移行。


ディスプレイ・モードとウィンドウのプロパティを取得します。

関数

概要

width, height, flags = love.window.getMode( )

引数

なし。

返値

number width
ウィンドウの幅。
number height
ウィンドウの高さ。
table flags
テーブルはウィンドウのプロパティです:
boolean fullscreen
フルスクリーン (true), またはウィンドウ (false)。
FullscreenType fullscreentype
使用するフルスクリーンモードの種類。
boolean vsync
True ならば グラフィックのフレームレートはモニターのリフレッシュレートと同期しますが、それ以外は false です。
number msaa
使用しているアンチエイリアスのサンプル数。 (0 ならば MSAA は無効になります。)
boolean resizable
True ならばウィンドウはサイズ変更可能なウィンドウモードであり、それ以外は false です。
boolean borderless
True ならばウィンドウは枠なしウィンドウモードであり、それ以外は false です。
boolean centered
True ならばウィンドウは中央表示のウィンドウモードであり、それ以外は false です。
number display
マルチモニターが利用可能ならば、ウィンドウが表示されているディスプレイの番号。
number minwidth
サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最小の幅。
number minheight
サイズ変更可能ならば、ウィンドウの最大の高さ。
LÖVE 0.9.1 から利用可能
boolean highdpi
True ならば high-dpi mode は OS X で Retina ディスプレイで許可されています。これは非 Retina ディスプレイでは関係ありません。


LÖVE 0.9.2 から利用可能
number refreshrate
現在のディスプレイ方式における画面のリフレッシュ・レート(更新比率)です。値を決定できない場合は 0 です。
number x
現在のディスプレイにおけるウィンドウの x 座標位置。
number y
現在のディスプレイにおけるウィンドウの y 座標位置。


LÖVE 0.9.1 から利用可能でしたが LÖVE 0.10.0 で廃止。
boolean srgb
0.10.0 で廃止 (代わりに love.graphics.isGammaCorrect を使用してください)。 True ならば 画面への描画時に sRGB ガンマ補正を適用します。


関連


そのほかの言語