Difference between revisions of "love.load (日本語)"

(New translation (Based revision : 17:22, 27 February 2016))
 
(translation updated.)
Line 3: Line 3:
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
love.load( arg )
+
love.load( arg, unfilteredArg )
 
</source>
 
</source>
 
=== 引数 ===
 
=== 引数 ===
 
{{param|table|arg|ゲームへ与えるコマンドライン引数。}}
 
{{param|table|arg|ゲームへ与えるコマンドライン引数。}}
 +
{{New feature (日本語)|11.0|
 +
{{param|table|unfilteredArg|実行可能ファイルに指定されたフィルタリング未処理のコマンドライン引数。 ([[#注釈]] を参照)。}}
 +
|110}}
 
=== 返値 ===
 
=== 返値 ===
 
ありません。
 
ありません。
 +
== 注釈 ==
 +
LÖVE 11.0 では結合型実行形式ではない LÖVE 実行可能ファイルから実行する場合は渡される引数からゲーム名称とfused コマンドラインフラグ (指定時された場合) を除外します。以前のバージョンではフィルタリングを行わずに、あるがままの状態で変数を渡します。
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
ゲームの読み込み時に何らかの変数・リソースを設定すると、その他の関数で繰り返し使用できます (例えば [[love.draw (日本語)|love.draw]])。
+
ゲームの読み込み時に変数やリソースを設定すると、その他の関数で繰り返し使用できます (例えば [[love.draw (日本語)|love.draw]])。
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
 
function love.load()
 
function love.load()
Line 30: Line 35:
 
{{#set:Since=000}}
 
{{#set:Since=000}}
 
== そのほかの言語 ==
 
== そのほかの言語 ==
{{i18n|love.load}}
+
{{i18n (日本語)|love.load}}

Revision as of 19:28, 16 June 2019

ゲームの開始時にきっかりと一度だけ呼ばれます。

関数

概要

love.load( arg, unfilteredArg )

引数

table arg
ゲームへ与えるコマンドライン引数。
LÖVE 11.0 から利用可能
table unfilteredArg
実行可能ファイルに指定されたフィルタリング未処理のコマンドライン引数。 (#注釈 を参照)。

返値

ありません。

注釈

LÖVE 11.0 では結合型実行形式ではない LÖVE 実行可能ファイルから実行する場合は渡される引数からゲーム名称とfused コマンドラインフラグ (指定時された場合) を除外します。以前のバージョンではフィルタリングを行わずに、あるがままの状態で変数を渡します。

用例

ゲームの読み込み時に変数やリソースを設定すると、その他の関数で繰り返し使用できます (例えば love.draw)。

function love.load()
   hamster = love.graphics.newImage("hamster.png")
   x = 50
   y = 50
end
 
function love.draw()
   love.graphics.draw(hamster, x, y)
end

関連


そのほかの言語