Difference between revisions of "Variant (日本語)"

m (minor fixed.)
(translation updated)
Line 2: Line 2:
  
 
== 型 ==
 
== 型 ==
[[Variant (日本語)|Variant]] は水平[[table (日本語)|テーブル]], [[boolean (日本語)|boolean]], [[string (日本語)|string]], [[number (日本語)|number]] または LÖVE の [[userdata (日本語)|userdata]] にすることができます。
+
[[Variant (日本語)|Variant]] は水平[[table (日本語)|テーブル]], [[boolean (日本語)|boolean]], [[string (日本語)|string]], [[number (日本語)|number]] または LÖVE の [[Object  (日本語)|Object]] にすることができます。
  
 
== 注釈 ==
 
== 注釈 ==
外部 userdata (Lua のファイル, LuaSocket, ENet, ...), 関数, および入れ子構造の[[table (日本語)|テーブル]]には非対応です。
+
外部 userdata (Lua のファイル, LuaSocket, ENet, ...), 関数には非対応です。
 +
 
 +
[[11.0 (日本語)]] 以前のバージョンでは入れ子構造の[[table (日本語)|テーブル]]には公式非対応です。
  
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==

Revision as of 10:00, 16 June 2019

Variant 型は実在の Lua 型ではありませんが、その代わり LÖVE の内部へ Lua の値を格納できることを意味します。それは love.thread および love.event で使用されています。本当に、 "仮想的" な型であり、メソッドではないため、 Lua には明確な記述法はありません。

Variant は水平テーブル, boolean, string, number または LÖVE の Object にすることができます。

注釈

外部 userdata (Lua のファイル, LuaSocket, ENet, ...), 関数には非対応です。

11.0 (日本語) 以前のバージョンでは入れ子構造のテーブルには公式非対応です。

関連


そのほかの言語