Difference between revisions of "Texture:isReadable (日本語)"

m
m
 
Line 2: Line 2:
 
Texture の描画と Shader への送信が可能であるかどうかを取得します。
 
Texture の描画と Shader への送信が可能であるかどうかを取得します。
  
[[love.graphics.newCanvas (日本語)|love.graphics.newCanvas]] へ設定値テーブルで <code>readable=true</code> を指定して渡さない限り、ステンシルや深度付きの [[PixelFormat (日本語)|PixelFormat]] にて作成した [[Canvas (日本語)|Canvas]] デフォルトでは読み取り不能です。
+
[[love.graphics.newCanvas (日本語)|love.graphics.newCanvas]] の設定値テーブルへ <code>readable=true</code> を指定して渡さない限り、ステンシルや深度付きの [[PixelFormat (日本語)|PixelFormat]] にて作成した [[Canvas (日本語)|Canvas]] デフォルトでは読み取り不能です。
  
 
また、読み取り不可の Canvas もレンダリング (事前描画処理) します。
 
また、読み取り不可の Canvas もレンダリング (事前描画処理) します。

Latest revision as of 05:24, 16 October 2019

LÖVE 11.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

Texture の描画と Shader への送信が可能であるかどうかを取得します。

love.graphics.newCanvas の設定値テーブルへ readable=true を指定して渡さない限り、ステンシルや深度付きの PixelFormat にて作成した Canvas デフォルトでは読み取り不能です。

また、読み取り不可の Canvas もレンダリング (事前描画処理) します。

関数

概要

readable = Texture:isReadable( )

引数

なし。

返値

boolean readable
Whether the Texture は読み取り可能であるかどうか。

関連


そのほかの言語