Difference between revisions of "Shader (日本語)"

m (Update description.)
m
 
Line 2: Line 2:
 
Shader は高度なハードウェア高速化によるピクセルまたは頂点の操作にて使用されます。エフェクトを容易にコーディングするために若干簡素化された GLSL (Open'''GL''' '''S'''hading '''L'''anguage) 言語ベースで記述します。
 
Shader は高度なハードウェア高速化によるピクセルまたは頂点の操作にて使用されます。エフェクトを容易にコーディングするために若干簡素化された GLSL (Open'''GL''' '''S'''hading '''L'''anguage) 言語ベースで記述します。
  
Shader は HDR/ブルームを含む、モーション・ブラー、グレースケール/反転/セピア/あらゆるの種類の彩色エフェクト、反射/屈折、歪み、バンプ・マッピング、およびその他多種多様なものへ使用できる潜在能力があります!  こちらは基本的なシェーダと学習を始めるには良い出発点となる教材集があります: https://github.com/vrld/shine
+
Shader は HDR/ブルームを含む、モーション・ブラー、彩色効果 (グレースケール、反転、セピアなど)、反射/屈折、歪み、バンプ・マッピング、およびその他多種多様なものへ使用できる潜在能力があります!  また、シェーダの基本を学び始めるにあたって良い教材があります: https://github.com/vrld/moonshine
  
 
== コンストラクタ ==
 
== コンストラクタ ==

Latest revision as of 04:04, 23 July 2019

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この型は以前のバージョンでは非対応です。

Shader は高度なハードウェア高速化によるピクセルまたは頂点の操作にて使用されます。エフェクトを容易にコーディングするために若干簡素化された GLSL (OpenGL Shading Language) 言語ベースで記述します。

Shader は HDR/ブルームを含む、モーション・ブラー、彩色効果 (グレースケール、反転、セピアなど)、反射/屈折、歪み、バンプ・マッピング、およびその他多種多様なものへ使用できる潜在能力があります! また、シェーダの基本を学び始めるにあたって良い教材があります: https://github.com/vrld/moonshine

コンストラクタ

love.graphics.newShader (日本語) Shader オブジェクトを新規作成します。 Added since 0.9.0

関数

Object:release (日本語) Lua が参照しているオブジェクトを即時破棄します。 Added since 11.0
Object:type (日本語) オブジェクトの種類を文字列形式で取得します。
Object:typeOf (日本語) オブジェクトが特定の種類かどうか確認します。
Shader:getExternVariable (日本語) シェーダーに存在する 'extern' ('uniform') 変数に関する情報を取得します。 Added since 0.9.0 Removed in 0.9.2
Shader:getWarnings (日本語) シェーダーのコードから警告およびエラーメッセージを取得します (もしあれば)。 Added since 0.9.0
Shader:hasUniform (日本語) シェーダに uniform / extern 変数が存在するかどうかを取得します。 Added since 11.0
Shader:send (日本語) シェーダーへ値を送信します。 Added since 0.9.0
Shader:sendColor (日本語) シェーダーへ1つ以上の色を送信します Added since 0.10.0

上位型

関数


そのほかの言語