Difference between revisions of "0.9.1 (日本語)"

m (その他の変更)
m (機能追加)
Line 28: Line 28:
 
** [[love.math.gammaToLinear (日本語)|love.math.gammaToLinear]] および [[love.math.linearToGamma (日本語)|love.math.linearToGamma]] の追加。
 
** [[love.math.gammaToLinear (日本語)|love.math.gammaToLinear]] および [[love.math.linearToGamma (日本語)|love.math.linearToGamma]] の追加。
 
* [[RandomGenerator:getState (日本語)|RandomGenerator:getState]] および [[RandomGenerator:setState (日本語)|RandomGenerator:setState]] の追加。
 
* [[RandomGenerator:getState (日本語)|RandomGenerator:getState]] および [[RandomGenerator:setState (日本語)|RandomGenerator:setState]] の追加。
 +
* [[love.math.setRandomState (日本語)|love.math.setRandomState]] および [[love.math.getRandomState (日本語)|love.math.getRandomState]] の追加。
 
* [[CircleShape:getPoint (日本語)|CircleShape:getPoint]] および [[CircleShape:setPoint (日本語)|CircleShape:setPoint]] の追加。
 
* [[CircleShape:getPoint (日本語)|CircleShape:getPoint]] および [[CircleShape:setPoint (日本語)|CircleShape:setPoint]] の追加。
 
* [[Body:setUserData (日本語)|Body:setUserData]] および [[Body:getUserData (日本語)|Body:getUserData]] の追加。
 
* [[Body:setUserData (日本語)|Body:setUserData]] および [[Body:getUserData (日本語)|Body:getUserData]] の追加。

Revision as of 02:39, 9 December 2019

ゲームなし画面

LÖVE 0.9.1 のコードネームは Baby Inspector (ベビー・インスペクター) です。現在公開中です。

0.9.0 からの変更点

機能追加

廃止予定

不具合修正

その他の変更

  • Windows でモジュールが読み込まれる前にコンソールを作成するために love.conf の t.console を更新。
  • love.math.random の初期呼び出しをより無作為にするために標準 love.run を更新。
  • love.filesystem モジュール検索器の要求失敗時に対するエラー・テキストを更新。
  • package.preload の直後ではなく直前で試行が行われるように love.filesystem モジュール検索器を更新。
  • 結合型実行形式 おいて love.filesystem.mount を用いて追加されたパスを検索するために love.filesystem の C 言語ライブラリ読み込み器を更新。
  • キャンバスを受理するために love.graphics.newParticleSystem, love.graphics.newSpriteBatch および love.graphics.newMesh を更新。
  • Canvas の描画コードを更新したため、テクスチャ座標は垂直方向へ反転しなくなりました。
  • 現在のキャンバスが有効な時に Canvas:renderTo が適切に動作するように更新。
  • ParticleSystem:setEmissionRate で非整数の数値を受理するように更新。
  • Mesh 頂点マップ (インデックス・バッファ) での VRAM 領域の使用量をより少なくするために更新。
  • love.graphics.newMesh および Mesh:setVertices の UV パラメータ の標準値を 0,0 へ更新。
  • OS X にて全画面デスクトップおよび大きさ変更可能ウィンドウ方式で Mac OS 10.7 の全画面表示空間を使用するように更新。
  • Source:play で成功をブール式で示した物を返すように更新。