love.keyboard.isScancodeDown (日本語)

LÖVE 0.10.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

指定されたスキャンコードが押されたかどうか確認します。 love.keypressed または love.keyreleased コールバックとは混同しないでください。

正規のキー定数とは異なり、スキャンコードはキーボード配列に依存しません。キーにどの様な刻印がされているか、あるいは利用者のオペレーティング・システムの設定がどの様なものであるかに関わらず、米国配列のキーボードにある "w" キーと同じ位置にあるキーが押された場合はスキャンコードの "w" が使用されます。

関数

概要

down = love.keyboard.isScancodeDown( scancode, ... )

引数

Scancode scancode
検出したいキー。
Scancode ...
検出したい追加のキー。

返値

boolean down
true ならば指定されたキーは押されており、それ以外ならば false です。

用例

変換・無変換キーの取得 (日本語106 キーボード / Windows 環境用)

keystatus = "None"
 
function love.load()
	love.keyboard.setTextInput(false)
end
 
function love.draw()
	love.graphics.print("keypressed:" .. keystatus, 29, 30)
end
 
--- `              : 全角・半角・漢字 (Windows のみ)
--- international2 : ひらがな・カタカナ・ローマ字
--- international4 : 変換
--- international5 : 無変換
 
 
function love.update()
 
--	if love.keyboard.isScancodeDown('`', 'lang5') == true then
--		keystatus = "Zenkaku/Hankaku/Kanji (Windows Only)" -- 押すとほかのキーが反応しない。原因不明。
 
--	elseif love.keyboard.isScancodeDown('international2') == true then
--		keystatus = "Hiragana/Katakana/Roman" -- 押すとほかのキーが反応しない。原因不明。取りこぼしか?
 
--	elseif love.keyboard.isScancodeDown('space') == true then
--		keystatus = "Space"
 
	if love.keyboard.isScancodeDown('international4') == true then
		keystatus = "Henkan"
 
	elseif love.keyboard.isScancodeDown('international5') == true then
		keystatus = "Muhenkan"
 
	else
		keystatus = "None"
	end
end


関連



そのほかの言語