love.graphics.setCanvas (日本語)

LÖVE 0.8.0 から使用可能
love.graphics.setRenderTarget から名称変更。

Canvas へ描画操作を取り込みます。

関数

指定された Canvas へ表示対象を設定します。全ての描画操作は次の love.graphics.setCanvas が呼ばれるまで指定された Canvas へ転送されますが画面には表示されません。

概要

love.graphics.setCanvas( canvas )

引数

Canvas canvas
新規対象。

関連

ありません。

関数

画面を初期状態に戻して対象を描画します。つまり、画面への描画を再び有効にします。

概要

love.graphics.setCanvas( )

引数

なし。

関連

ありません。

関数

LÖVE 0.9.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

複数同時に Canvas の表示対象を設定します。全ての描画操作は次の love.graphics.setCanvas が呼ばれるまで指定されたキャンバスへ転送されますが画面には表示されません。

概要

love.graphics.setCanvas( canvas1, canvas2, ... )

引数

Canvas canvas1
最初の表示対象。
Canvas canvas2
次の表示対象。
Canvas ...
追加のキャンバス。

引数

ありません。

注釈

通常は同じ物が各キャンバスに描画されますが、ピクセルシェーダーは標準 effect の代わりに effects 関数を使用する場合は変更できます。

全てのキャンバスの引数は必ず同じ幅と高さおよび同じテクスチャの種類です。全てのコンピューターが複数のキャンバスへの表示対象に対応しているわけではありません。 love.graphics.isSupported("multicanvas") で true が返されたときは、最低でもキャンバスの 4 枚同時有効に対応しています。

用例

キャンバスへの描画

function love.load()
    -- キャンバスの作成
    canvas = love.graphics.newCanvas()
 
    -- 直接的にキャンバスへ描画操作を行います
    love.graphics.setCanvas(canvas)
 
    -- 色付きの正方形を描画します
    love.graphics.setColor(230,240,120)
    love.graphics.rectangle('fill',0,0,100,100)
 
    -- メイン画面への描画を再び有効にします。
    love.graphics.setCanvas()
end
 
function love.draw()
    -- 拡大したキャンバスを画面へ描画します。
    love.graphics.setColor(255,255,255)
    love.graphics.draw(canvas, 200,100, 0, .5,.5)
end

関連



そのほかの言語