love.graphics.getCanvasFormats (日本語)

LÖVE 0.9.2 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

利用可能なキャンバスの形式、および各種形式に対応しているかどうかを取得します。

関数

概要

formats = love.graphics.getCanvasFormats( )

引数

なし。

返値

table formats
キーとして CanvasFormat が入っているテーブル、およびブール値により対応形式を示します。全てのシステムで全形式に対応しているとは限りません。

関数

LÖVE 11.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

formats = love.graphics.getCanvasFormats( readable )

引数

boolean readable
読み取り可能フラグを true に設定した形式が love.graphics.newCanvas で動作対応しているならば対応形式を返します。その反対の引数は false です。

返値

table formats
キーとして CanvasFormat が入っているテーブル、およびブール値により対応形式を示します (引数 readable も検出対象として扱います)。全てのシステムで全形式に対応しているとは限りません。

用例

対応している場合は 'rgba16f' 形式にてキャンバスを作成します。

local formats = love.graphics.getCanvasFormats()
if formats.rgba16f then
    canvas = love.graphics.newCanvas(800, 600, "rgba16f")
else
    -- 'rgba16f' 形式に非対応の場合があります。フォールバックのコードを実装、またはシステムが対応していないことを利用者へ伝えるメッセージを作動できます。
end

画面上にキャンバスの形式の一覧を表示します。

canvasformats = love.graphics.getCanvasFormats()
 
function love.draw()
    local y = 0
    for formatname, formatsupported in pairs(canvasformats) do
        local str = string.format("Supports format '%s': %s", formatname, tostring(formatsupported))
        love.graphics.print(str, 10, y)
        y = y + 20
    end
end

関連



そのほかの言語