Ser (日本語)

Ser は高速、堅牢、豊富な機能からなる Lua 用のテーブルをシリアル化するためのライブラリです。特にLÖVE ゲームに対してセーブ・ファイルおよび構成の格納するために記述されましたが、どこでも使用できます。

O.png 2016年02月16日より、 Ser は廃止されました。開発者は報告された不具合の修正作業を継続しますが、 LuaJIT および binser 以外を使用しているならば、新規プロジェクトでは bitser を推奨します。  

単純性

Ser は非常に単純で使用は簡単です:

local serialize = require 'ser'
 
print(serialize({"Hello", world = true}))
-- 出力:
-- 返値 {"Hello", world = true}

高速性

Serpent のベンチマーク・コードを使用時、 Ser は Serpent より 33% 高速です。

堅牢性

時々、テーブル構造において奇妙で、非ユークリッド幾何を持つことがあります。これが発生しても、判断ができません。それを Ser では処理することができますが、その他いくつかのシリアル化ライブラリでは "Iä! Iä! Cthulhu fhtagn!" (オ! ォ! クトゥルフ之悪夢ヨ!) と叫ぶか降参 ― あるいは、最悪の場合は暗黙的に不正なデータが生成されてしまいます。

ダウンロード

Ser は GitHub レポジトリから取得できます。




そのほかの言語