(Image):replacePixels (日本語)

LÖVE 11.0 から使用可能
この関数は Image:refresh から変更されました。

Image の内容を置換します。

関数

概要

Image:replacePixels( data, slice, mipmap, x, y, reloadmipmaps )

引数

ImageData data
新規 ImageData で置換する内容。
number slice
適用可能ならば、置換するキューブマップ・フェイス、アレイ・インデックス、またはボリューム・レイヤー
number mipmap (1)
Image にミップマップがある場合のミップマップレベル置換値。
number x (0)
置換する Image の右上角からピクセル単位による x 座標までのオフセット (支距)。この値は指定の ImageData の幅に加えて Image で指定されたミップマップレベルのピクセルの幅よりも広くしてください。
number y (0)
置換する Image の右上角からピクセル単位による x 座標までのオフセット (支距)。この値は指定の ImageData の高さに加えて Image で指定されたミップマップレベルのピクセルの高さよりも高くしてください。
boolean reloadmipmaps
Image のピクセル置換後における新規ミップマップ生成の有無を指定します。 True ならばデフォルトで Image の生成後にミップマップを自動生成しますが、 false ならばデフォルトで自動制御を行いません。

返値

ありません。

関連

function love.load()
    imagedata = love.image.newImageData("pig.png")
    image = love.graphics.newImage(imagedata)
end
 
function love.draw()
    love.graphics.draw(image)
end
 
function love.keypressed(key)
    if key == "e" then
        -- Modify the 元々の ImageData を変更してから Image へ変更を適用します。
        imagedata:mapPixel(function(x, y, r, g, b, a) return r/2, g/2, b/2, a/2 end)
        image:replacePixels(imagedata)
    end
end

関連


そのほかの言語