Difference between revisions of "love.mouse.isDown (日本語)"

m
m
 
(One intermediate revision by the same user not shown)
Line 4: Line 4:
  
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==
{{newin (日本語)|[[0.10.0]]|100|type=異形}}
+
{{newin (日本語)|[[0.10.0 (日本語)|0.10.0]]|100|type=異形}}
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
Line 17: Line 17:
  
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==
{{oldin (日本語)|[[0.10.0]]|100|type=異形}}
+
{{oldin (日本語)|[[0.10.0 (日本語)|0.10.0]]|100|type=異形}}
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">
Line 27: Line 27:
 
{{param|boolean|down|True ならば指定されたボタンは押されています。}}
 
{{param|boolean|down|True ならば指定されたボタンは押されています。}}
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==
{{newinoldin (日本語)|[[0.7.2]]|072|[[0.10.0]]|100|type=異形}}
+
{{newinoldin (日本語)|[[0.7.2 (日本語)|0.7.2]]|072|[[0.10.0 (日本語)|0.10.0]]|100|type=異形}}
 
=== 概要 ===
 
=== 概要 ===
 
<source lang="lua">
 
<source lang="lua">

Latest revision as of 14:14, 6 June 2019

特定のマウスボタンが押されたかどうか検出します。

この関数はマウスホイールのスクロールを検出しません。マウスホイールを検出したいときは love.wheelmoved (または version 0.9.2 以前では love.mousepressed) コールバックを必ず使用してください。

関数

LÖVE 0.10.0 から使用可能
この異形は以前のバージョンでは非対応です。

概要

down = love.mouse.isDown( button, ... )

引数

number button
検出したいボタンの索引。 1 は第一マウスボタンであり、 2 は第二マウスボタンおよび 3 は中央のボタンです。追加的なボタンはマウスの機種に依存します。
number ...
検出したい追加ボタンの番号。

返値

boolean down
True ならば指定されたボタンは押されています。

関数

LÖVE 0.10.0 から廃止
この異形は以降のバージョンでは非対応です。

概要

down = love.mouse.isDown( button )

引数

MouseConstant button
検出したいボタン。

返値

boolean down
True ならば指定されたボタンは押されています。

関数

LÖVE 0.7.2 まで使用可能でしたが LÖVE 0.10.0 で廃止されました
この異形は以降のバージョンでは非対応です。

概要

anyDown = love.mouse.isDown( button1, button2, button3, ... )

引数

MouseConstant buttonN
検出したいボタン。

返値

boolean anyDown
True ならば指定されたボタンは押されており、それ以外は false です。

用例

マウスの右ボタンを押し続けると値を加算します。

val = 0   -- 後で使うために変数を作成します。
function love.update(dt)
	if love.mouse.isDown(2) then
		val = val + dt   -- ボタンを押し続けることにより毎秒ごとに 1 を変数へ加算します。
	end	
end

関連


そのほかの言語