Difference between revisions of "love.graphics.getPixelHeight (日本語)"

m (返値)
Line 4: Line 4:
 
グラフィックス座標系と [[love.graphics.getHeight (日本語)|love.graphics.getHeight]] はピクセルではなく、画面尺度単位による [[love.graphics.getDPIScale (日本語)|DPI 尺度係数]] を使用します。
 
グラフィックス座標系と [[love.graphics.getHeight (日本語)|love.graphics.getHeight]] はピクセルではなく、画面尺度単位による [[love.graphics.getDPIScale (日本語)|DPI 尺度係数]] を使用します。
  
画面と座標系関連の計算は getHeight を使い (用例としては、画面中心の計算)、基本的なピクセルを明確に取り扱う場合に限り getPixelHeight を使います (用例としては、ピクセル[[Shader (日本語)|シェーダー]]におけるピクセル関連の計算)。
+
画面描画と座標系関連の計算は getHeight を使い (用例としては、画面中心の計算)、基本的なピクセルを明確に取り扱う場合に限り getPixelHeight を使います (用例としては、ピクセル[[Shader (日本語)|シェーダー]]におけるピクセル関連の計算)。
  
 
== 関数 ==
 
== 関数 ==

Revision as of 05:14, 19 July 2019

LÖVE 11.0 から使用可能
この関数は以前のバージョンでは非対応です。

ウィンドウの高さをピクセル単位で取得します。

グラフィックス座標系と love.graphics.getHeight はピクセルではなく、画面尺度単位による DPI 尺度係数 を使用します。

画面描画と座標系関連の計算は getHeight を使い (用例としては、画面中心の計算)、基本的なピクセルを明確に取り扱う場合に限り getPixelHeight を使います (用例としては、ピクセルシェーダーにおけるピクセル関連の計算)。

関数

概要

pixelheight = love.graphics.getPixelHeight( )

引数

なし。

返値

number pixelheight
ピクセル単位によるウィンドウの高さ。

関連



そのほかの言語